生姜の分類

夏になるとそうめんの横に生姜を少々、豚肉の生姜焼きなど料理に欠かせない生姜。
生姜は、漢方や健康食品に広く使われています。
生姜の効能や効果について、冷え性を治す、ダイエットに良いなど最近ではますます見直されていますね。
そんな身近な食べものである生姜ですが、詳しくは知られていませんので、生姜について紹介します。

まず、生姜は、ショウガ目ショウガ科ショウガ属と植物学的には分類され、同じショウガ目には、ウコンやミョウガなども含まれています。
生姜の原産地は、アジア南部といわれており、インドからマレー半島にかけての辺りです。
生姜は、温暖な土地を好みますので、東南アジアやアフリカなど温暖湿潤な地域で栽培されています。

昔から、食用と薬用に使われていて、日本では江戸時代頃から食用として広まったとわれています。

日本で生姜は栽培されていますが、根茎の大きさから、大生姜と中生姜と小生姜の3つに分類しています。

大生姜は、大きな株になるもので、ひと株で1kgを超えるほどまで成長するものもあります。
年間を通して貯蔵され、生鮮用や漬物に使用されるもので、お店に置いてあるものは一般的にこの大生姜です。

中生姜は、大生姜に比べて小さめで、辛味が強い品種です。
貯蔵はされずに漬物や加工品に使用されることが多い生姜です。

小生姜は、ひと株400g程度の小さい生姜で、収穫が多くて安定しています。
辛味が強く、早堀りをして葉生姜にしたり、はじかみにするのがこの小生姜です。


【注目サイト】
冷え症で困っている女性の方向けの生姜ドリンクを販売している通販サイトです → 生姜ドリンク 通販

Copyright © 2014 生姜ダイエット All Rights Reserved.